So-net無料ブログ作成
検索選択
アマチュア無線 ブログトップ

局免許の更新 [アマチュア無線]

法律上は再免許の区分で5年ごとに行います。
アマチュア無線は期限の1年前から1ヶ月前に行う必要があるんですね。
私は、前回からweb上の「総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite」を使っています。なので、今回は2回目。
前回は初めてだったので、あれこれ入力したのですが、今回は変更もないので、前の情報を呼び出すだけでした。説明を読んだりしながらでも30分かかりませんでした。
後は、何事もなければ、手数料の納付と返信用封筒の郵送だけです。しっかりアナログ的な部分も残っており、手続きをした、と言う気分にさせてくれます。
費用も切手代含めて2000円強です。

ただ、システムのPASSが半年期限であることに気づかず、(5年も前だから当然切れていた。)もたもたとPASSの変更やら、ブラウザセキュリティで拒否られたりと2~3回やり直しがありました。
今の時代、5年前って、太古ですな。

五日後
総務省から申請受付のメールがありました。
次は、手数料の納付です。
あれやこれや書いてあったのですが、総務省のシステムにログインして、納付情報照会まで進むと、電子納付のボタンがありました。
これをクリックすると、インターネットバンキングに進むではありませんか。
なるほど、こんなに楽ちんになっていたのですね。

で、返信用の封筒を送りまして、1週間もせずに新しい免許証が送られてきました。
手書きの頃は、再免許が煩わしくて、更新しない人がいることが不思議ではなかったですが、こんなに簡単なら継続しましょうよ。

MIZUHO QP-21で今頃遊び始めた 2 [アマチュア無線]

前回の続き、
まず、OSCコイルのコアが奥過ぎることについて、同調コンデンサ C5の 56PFを変えてみようと思う。
まず、コアを1.5mmほど奥まったところに戻し、C5の代わりにポリバリコンをつなぎ、発振出力の最大点を求める。このときのポリバリコンの容量を量ると、31PFであった。なので、C5は、33PFに交換し、再調整することにした。
次に、最大の目的、秋月で売っているトランジスタに交換してみる。
まずは、オリジナルの2SC1957で出力を見てみる。
出力端子に50オームのダミーロードとオシロをつなぐ。送信状態にして波形を見る。
DSCN2636_2.JPG
1メモリが5Vなので、PtoPで20Vですか。
次に、2SC3964に交換。
DSCN2635_2.JPG
こちらは、1メモリ2Vなので、PtoPで12Vちょっと。(マイナス側にずれているのはご愛敬)
とりあえず、トランジスタのスペックです。

項目, 2SC1957, 2SC3964
Vcbo 75V , 40V
Ic 1.0A , 2A
fT 250MHz,220MHz
Cob 14PF , 20PF

まあ、2SC3964は、いくらfTが高くても、高周波用とは言っていないので、効率が落ちて当然か。
高周波用は、Cobが小さい方が良いとどこかの本に書いてあったし。
あと、秋月で手に入る似たようなトランジスタは、2SC3421、 2SC3422、 2SC3423だが、
2SC3423は、Icが50mAなので、ここには使えない。3421か3422か。

MIZUHO QP-21で今頃遊び始めた [アマチュア無線]

qp-21.jpg
いつ頃買ったのか覚えていないが、QP-21です。たぶん、3アマ取った頃かな。
今頃出してきたのには訳があります。と言って、たいしたことないけど。
アマチュア無線の自作はまだ少し先と思っていたのですが、最近、どうも自作の終段に使えそうなトランジスタが入手難らしい。
代わりになるようなトランジスタはあるのだろうか。最近は、高周波用といった場合、GHzあたりなので、HFで使う代物ではないらしい。
そこで、秋月で売っている、fTが100MHzから200MHzあたりで1Wは出せそうなトランジスタを数個入手して、このQP-21の終段、2SC1957と交換してみようと言う算段。
現在、オシロを使って、発振回路と緩衝増幅段のコイルの調整が終わったところ。
発振側のコイルのコア、落ちる寸前なのです。コンデンサの値を変えてみようかなと思ってます。

で、今は、2SC1957はハンダ付けしていません。こう言うのは、勢いなんですね。
やるときは、えいやっ!と。

結果はアップします。

KENWOOD TH-78 の修理その2 [アマチュア無線]

DSCN25173.jpg
前回、面実装タイプの電解コンデンサを交換しました。
5mm高の330uF電解コンデンサが見つからなかったのですが、PSコンポーネンツさんにありました。
TH-78にスルーホールタイプの電解コンデンサは、
330uF6.3V5mm高1個
68uF10V105度品2個
100uF6.3V1個
22uF16V5mm高1個
が使われています。
今回は、100uFには手をつけませんでした。22uFは両方の足を外すにはほかの部品も外す必要があり、容量ぬけもなかったことから、そのままにしました。
交換したのは、330uFと68uF2個。
68uFは、2個とも40uFくらいになっていました。

ここで、ふと、使っていた電池が6個とも新品だと思っていたのですが、1個が0Vでした。
安売りはだめなのかなあ。
外部電源でためしてみると、6V位でOFFになり、その少し上くらいでは、送信にすると受信に戻ってしまいます。もう少しあげると安定します。7Vは必要なのでしょうね。

経年変化で、LEDのたぶん防水用と思われるゴムリングが切れました。
雨には気をつけよう。

と言うことで、おしまい。

KENWOOD TH-78 の修理その1 [アマチュア無線]

久しぶりにTH-78を出してきて、使おうとすると、受信はOKですが、送信にすると、リセットを繰り返します。送信パワーをローにしても同じ。電圧低下がひどいのかな、だけど、以前は、電池が弱ってきてもこんなこと無かった。で、いろいろ検索すると、この時代のKENWOOD無線機のケミコンを交換している人がいた。
そういえば、ケミコンの液漏れには心当たりがある。
とりあえず、面実装されているケミコン7個を交換してみた。
すると、ローパワーでは送信できるようになった。中パワー以上は1回リセットされ、受信状態で落ち着く。
ちょっとは改善したみたい。ケミコンはほかにもあるので順次交換することにしよう。

DSCN25061.jpg
ケミコンを外すのに、ICも外さないといけないのですよね。写真をよーく見ると、IC横のケミコンにリードの切れ端が写っています。これ、基板のパターン切ってしまったので、補修しました。

7月19日追加
おお、いつの間にか、ナイスを1ついただいてました。ありがとうございます。

で、その後ですが、9Vの外部電源をつなぐと、フルパワーでも送信状態になります。念のため、短時間で止めました。
部品収集については、5mm高の大容量ケミコンが見つからないのですね。
入手できたのは、220uFが最大。もう一声欲しいなあ。
こいつの交換は最後の手段としよう。
アマチュア無線 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。