So-net無料ブログ作成
検索選択
玄箱シリーズ ブログトップ

ギガビットのスピード [玄箱シリーズ]

玄箱proのLANはギガビットのスピードが出るはずなのに、我が家では100Mビットでしかつながっていなかった。
先ほど、ちょっとしたことからケーブルを変えたところ、なんと、つながっているではないか。
ケーブルが原因だったのか。そういえば、とりあえず、でつないだままだったなあ。

玄箱pro 修理(コンデンサの交換) [玄箱シリーズ]

kuropro1.jpg
ちょっと古いパソコンCMOS電池が切れたので、交換することになりました。って表題と違う始まり。
これを取り出すためには手前に置いてある玄箱proをのけないといけません。
で、玄箱proをつかむと、天板がほんのりと暖かい。今日は使っていないのに。
今のところ不具合は出ていないのですが、もしやと思い、電池交換の後、玄箱proを分解してみると、、、、

kuropro2.jpg

もう取り出していますが、電源基板の電解コンデンサが1個ふくらんでいました。
これは今のうちに取り替えなければなりません。
この基板に使われている電解コンデンサは全部で7個。
200V/68uF, 16V/2200uF, 10V/2200uF, 16V/220uF, 10V/470uF, 50V/1uF
全部105度品です。
RSに注文しました。スイッチング回路なので、できる限り低インピータンス品を選択。
一度にそろわないことがわかったので、分割注文したら、間違えて3回になってしまった。
とりあえず、ふくらんだ電解コンデンサの代替は数日中にくるはず。

普段使っていないけど、玄箱HGもやばいかなあ。


で、その後
ふくらんでいたのは、10V/2200uFですが、ニチコンのPAがサイズ的に良いです。
PXも注文してみたのですが、巨大です。
現在、16V/2200uFも一緒に交換し、組み立てて使っています。
注文したものの、まだ届いていないコンデンサもあるのですが、サイズが大きくて収まらないかもしれません。
交換するかどうかは、物を見てから判断します。

追加
天板が暖かいのは不具合の所為ではないようです。
今でもほんのり暖かいです。そこで、デーブルタップでOFFするようにしました。
ただし、あまり長期間使わないと、内部の電気二重層コンデンサが空っぽになります。

玄箱PROで遊ぼう!!170ページ [玄箱シリーズ]

kuro-box_pro_S.jpg
ラトルズの「玄箱PROで遊ぼう!!」を参考に、HDDLinuxを入れた。

今日は、170ページの、/mnt/mtd の追加と共有をやってみた。
作業後、PCからsamba経由で覗いてみると、以前入れた、HDD用のLinux ファイルイメージが残っている。

と言うことは、マウントさえすれば、フラッシュメモリ上のLinuxファイルがいじれるはずだ。

玄箱proのipアドレス変更 [玄箱シリーズ]

ラトルズの「玄箱PROで遊ぼう!!」を参考に、HDDLinuxを入れた。
ただ、既存の LANとipアドレスが一致しないので、変更する必要がある。
そのやり方だが、
/etc/netinfo
と言うファイルをviで編集し、再起動することでうまくいった。
元々このファイルは、
my_ipaddress=dhcp
my_subnetmask=
my_dgw=
となっている。DHCPなんですね。失敗すれば、192.168.11.150になるようです。
これを書き換えます。

my_ipaddress=192.168.XXX.XXX
my_subnetmask=255.255.255.0
my_dgw=192.168.XXX.1

てな具合。3行目のdgwは、ゲートウエイだろうと勝手に推測しました。
でも、これで繋がりましたので、合っているのでしょう。

で、共有フォルダが、メモリからの起動時は、shareとなっていたのが、homesに変わっています。たぶん別物でしょうから、shareには何も入れない状態がよいでしょう。
たぶん、私の場合は、Linuxイメージが残っていると思います。
これで、192.168.11.150から解放された。

玄箱proを買ってしまった [玄箱シリーズ]

kuro-box_pro_S.jpg
以前、シリアルコンソール接続キットをもらったこともあり、ついに買ってしまった。SATAHDDが安くなったこともあるんだけど。
HDDの初期化は、PCのフォーマットと比べると以外と早く終わってしまった。クイックフォーマット程度です。
まずは、192.168.11.150 で繋がった。シリアルコンソールでも繋がった。
次は、HDDからの起動と、IPアドレスの変更だ。
玄箱シリーズ ブログトップ
メッセージを送る