So-net無料ブログ作成

田中電子製 TC-8016M その2 [マイコン]

TC-8016M_2.jpg
実際は、LEDが点滅しています。

:
;
;
0000 ROM EQU  0
8000 RAM EQU  8000h
FF00 STACK  EQU RAM+7F00h


0000 ORG ROM
0000 31 00 FF START LD SP,STACK

;MMUの設定
0003 3E 1F ld A,1Fh
0005 D3 06 out (06),A
;
;PORT1を出力に設定
0007 3E FF ld A,0FFh
0009 D3 3B out (03Bh),A

;0ウエイトに設定
000B DB 1F in A,(01Fh)
000D 06 30 ld B,00110000b
000F A8   xor B
0010 D3 1F out (01Fh),A


0012 01 00 00 ld BC,0000h
0015 11 00 00 ld DE,0000h
0018 loop:
0018 13   inc DE
0019 D5   push  DE ;スタックポインタ経由
001A C1   pop BC
001B 78   ld A,B
001C D3 3A out (03Ah),A
001E C3 18 00 jp loop

0021 END

通常、私がよく使うLチカプログラム(16ビットレジスタのインクリメント)を基本に、
SRAMメモリテストの代わりの、スタックポインタ経由でのデータ転送、
そして、0ウエイトの設定と進めました。
結果は、LEDの点滅が早くなりましたので、0ウエイトで動いたのでしょう。
そうそう、MMUの設定は、TC-8016Mの説明書に記載のとおりです。
なので、RAMのアドレスが8000hから始まっているように読めますが、
違います。
F800hからだと思います。後で確認します。
8000hからでした。



田中電子製 TC-8016M [マイコン]

TC-8016M_1.jpg
ネット上でも全く情報がありません。いつ、どこで買ったのか記憶がありませんが、KC80を知ってしばらくしてからだと思います。(2003年夏のようです。)
で、これ、KL5C8016というZ80互換CPUが使われています。
また、メモリは自分で用意します。説明書によると、0ウエイト時、45ns未満、1ウエイト時(デフォ)140ns未満のメモリだそうです。ROMは、256K、1M、4MのDIPタイプ、SRAMは256k、1Mのフラットタイプです。
当時は高速メモリは高価でしたが、今は、簡単にSRAMのIS62C1024AL-35QLIが手に入りました。35nsですよ。
ROMはフラッシュROMのAM29F010-45PCとW27E512-45Zです。45nsで45ns未満ではないです。
それから、説明書には記載はないですが、W27E512もショートピンの設定を変えることで使えそうです。
W27E512は、5-6、7-9、13-14をショートすれば使えます。
問題はスピードか。
動かすことができるかな。
動くようです。

追記
基板上でU2はDIPタイプのROMもしくはRAMがさせます。物理アドレスは、00000Hからです。
U3はフラットタイプのRAM専用で、物理アドレスは、MMUによってC0000HからFFFFFHまでならどこにでもマッピングできます。この範囲に限られるのは、RAMのCSにCPUからのMCS信号を使っているからです。

地震 [防災]

14日から続いている熊本付近の地震には大変心が痛みます。早く安心できるようになって欲しいものです。

しかし、地震が起こる度に思うことは、同じようなことが繰り返し起こっていること。備えをしていたのかと言うこと。
インタビューに答えているほとんどの人が、まさか自分が被害会うとは思っていなかった、と言っていたこと。
今までの地震で、もしも、自分の町で同じようなことが起こればどうするか、どうしておくかを考えておれば少しは軽減されるはず。
マスコミは被害の大きさを報道します。それを見て、被害者は大変だな、かわいそうだな、と思うレベルは他人事。
そのレベルで止まるのではなく、そのような被害を被らずにすむためにはどうしてら良いかを考えることが大事だと思う。
東大の目黒教授が言っておられました。犠牲者は何を思っているだろうか、二度と自分と同じような犠牲者を出して欲しくない、と思っているのではないだろうか。
テレビに映る壊れた家を見れば、その周囲の壊れていない家も観察する、倒れたブロック塀を見れば、鉄筋が入っているか観察する。
そんなことを地震の度に繰り返し観察すれば、何となくでもわかってくるのではないか。そこに研究者からの情報を重ねることでもう少し理解できるようになる。

みんなが「まさか」を想像し、「備えて安心」となって欲しい。
決して、最悪を考えないことで安心、と言うような、正常化バイアスに陥らないで欲しい。
メッセージを送る