So-net無料ブログ作成

久しぶりに TRN Jr を出してきた [TRN Jr]

TRNJr1.jpg
もう20数年前になるんですね、当時は作って、ちょこっといじってそのままになっていました。
その頃は、次から次へとあたらしいものが出てきて飛びついていました。
最近は飛びつくには遠すぎて止めることが多くなりました。

そんなわけで、再び出してきたわけです。
TRN JrはRS-232Cでパソコンとつながりますが、最近のノートPCにはRS-232Cはありません。
そこで、USBによる仮想COMポートです。
写真のとおり、24ピン-9ピンの変換をやっています。
TRN Jr 9ピン側
2          3
3          2
4          7
5          8
6          6
7          5
をつないでいます。

電源は、元々はファミコン用の電源アダプタを想定していますが、もうそんな物はありません。
秋月製の9Vタイプを使うため、極性を入れ替えています。
パソコン側のソフトは、Tera Tarm です。

参考書は、CQ出版社、トランジスタ技術SPECIAL No29 特集マイコン独習Z80マニュアルです。
この本の59ページに、RS232Cを使って、パソコンに A を出力する参考プログラムが書いてありますが、そのままでは動きません。
9600ボーに設定するには、96hでも、09hでもなく、08hが正しいです。
また、終わり方の記述が無く、最後に、RETか、JP命令が無いと暴走します。
で、RAMの先頭番地、8000hから、
3E 08
CD 15 04
3E 41
CD 18 04
C3 07 80

これで A を連続して出力します。
TRNJr2.jpg

さらに、本を参考に、プログラムのセーブ、ロードもできます。

逆刺し [マイコン]

恥ずかしい話ですが、
ここのところ、ごそごそマイコン関係をいじっていましたが、
HD63B03XとEN29F002をソケットの逆刺しをやってしまいました。
HD63B03Xは、そこそこ熱くなったのですが、
どちらも生きていました。
結構タフなんですね。
やれやれ。

中日電工ND80Z3.5作ってみた [中日電工ND80Z3.5]

ND80Z3.5_1.jpg
中途半端に何にでも手を出していますが、今度はこれです。
日曜日に一日がかりで組み立てました。
写真は、アドレス 000h に C3 が書き込まれていることを示しています。
Z80の命令で、jmp です。

W27E512が使えた [マイコン]

AKI80_512.jpg
W27E512が手に入ったので、27256代わりに使えるかやってみた。
方法は、AKI-ROMライタのROMデータを吸いだし、PCに保存します。
このとき、ファイル名を変えて二つにします。
この二つのファイルを連結すると、512kバイトのデータになります。
これをW27E512に書き込みました。

で、写真のとおり、正常に動いています。
AKI-80には何の改造もしていません。
ROMのスピードも45nsとAKI-80の要件を軽く満たします。
AKI-80を復活させることができそうです。

これってなかなか良いですね。

AliExpress でPLCC→DIP変換基板を買ってみた その2 [マイコン]

PLCC322DIP.jpg
これは、PLCC32ピンをDIPに変換する基板です。
これ、秋月で扱っているフラッシュROM、EN29F002Tが使えるはずです。
で、これを改造すると、EN29F002Tが256kのUV-EPROMになるのではないか。

改造計画
基板上の3ピン、30ピンのパターンをカットします。
1,30,31,32ピンを結線します。これで、すべてVccにつながります。
PLCCソケット側の2,3,16,30ピンを結線します。GNDにつながります。

これで、EN29F002Tのはじめの256kバイトが27256変わりになるはず。
次の休みにでもためしてみよう。

今更、UV-EPROMでもないからね。

追加
AKI-80のROMソケットは、丸ピンタイプだったので、
この変換基板の足が入りませんでした。
ROMライタでは、27256として読むことはできました。
別の方法で試してみよう。

その後、この変換基板の足を全部抜いて、細ピンタイプのものと交換して、丸ピンソケットに差し込みました。
細ピンは、秋月にありますが、少しカットしないと浮いたようになります。
中国から仕入れた物はそのままハンダ付けできました。

車の運転 足の使い方 [その他]

昨日、車の1年点検でディーラーへ行ってきた。
いろいろ話をしていて、自動運転からペダルの踏み間違い事故の話になった。

ふと、事故を起こした人たちは右足の使い方がどうだったか気になった。

私は、もう何十年も前から次のようにしている。

まず、ブレーキが踏みやすい位置に足を置く
そこからかかとを軸に右足を右に回転させるように力を抜き、親指側のつま先がアクセルペダルにかかるようにする。
この状態だと、アクセルを強く踏むことはできません。あくまで安全運転優先です。
ブレーキ操作は、上の状態から足を緊張させると必然的にブレーキペダルの上に足が移動します。
普通の減速は、かかとをつけたままソフトに踏みます。かかとをつけている方が微妙なコントロールができます。
急ブレーキの場合は、松崎に体重をかけるように突っ張るような踏み方です。ハンドルを持つ手にも力が入ります。

基本的に、アクセルは体の軸からずれた位置で操作しています。
ブレーキは体の軸上で操作します。

アクセルはほぼ常に操作していますので、疲れないように足は緊張していませんが、気持ちは緊張させています。

若い頃に基本は教えてもらったと思いますが、経験による修正でこのようにしてきたと思います。
他の人はどうなのでしょうか。

AliExpress でPLCC→DIP変換基板を買ってみた [マイコン]

PLCC2DIP.jpg
PLCC44ピンをDIP40ピンに変換する基板がある。
4ピン減っている訳だが、私が持っているCPUやROMはピン列のど真ん中がNCになっているものが多い。
AliExpress で扱っているPLCC→DIP変換基板はその部分の説明はないが、ROMライタ用と言うことなので、もしやと思い、買ってみた。
違っていても、1個2ドルだし。
注文して待つことおよそ1ヶ月。あちらでは、旧正月を2週間休むのね。
ようやく届いたので、チェックしてみると、ばっちり、ど真ん中がNCでした。
後は、私の持っているROMライタに使えるかだな。
メッセージを送る