So-net無料ブログ作成
検索選択

F4 Flight Controller その5 [ドローン]

今回は、コントローラーとレシーバーとの通信確立のための準備です。

F4 Flight Controller は、基本的に、レシーバーと、S.BUSでつながるようだ。
そこで、コントローラーに、入力される信号は、S.BUSだよと教えてやる必要がある。
ま、いろいろハードが存在しているのだろう。その差違をソフトが吸収していると言うことか。

まず、Portの設定です。コネクトしてから、Ports をクリックします。
betafright Ports.jpg
このように変更して、右下の Save and Reboot ボタンを押します。

もう一度、コネクトして。今度は、Cofiguration です。
betafright Cofig1.jpg
Receiver を SBUS にしておきます。なお、ファームが古いと、SBUSは出てこないように感じました。
betafright Cofig2.jpg
同じ画面の下の方、 Other Features の BLACKBOXをOFFにしておきます。
右下の Save and Reboot ボタンを押します。

設定の第一段階は終わりです。これでレシーバーと通信が可能(となるばす)です。

ただ、不思議なのは、BetaFright の画面の各項目の位置が昨夜と違うように思うのです。
なぜなのだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る