So-net無料ブログ作成
検索選択

Ubuntu 11.10 でCコンパイル [Linux]

Ubuntu 11.10 にはデフォルトでgccが入っているそうだ。
今回は、それを確認してみる。

xtermを起動させ、ターミナルの状態にする。
まず、
which gcc

/usr/bin/gcc
と帰ってきました。
あることはあるらしい。

次に、geditを起動させ、かんたんなCのコードを書いてみる。

#include <stdio.h>

main()
{

printf("Hellow\n");

}
 
これをhh.cと名前をつけてホームディレクトリに保存する。

ターミナルで、
 
$ gcc hh.c
 
 
エラーは出なかった。

$ ls

とすると、 hh.c と a.out が存在している。

a.outを動かしてみる。

$ ./a.out

Hellow と出た。

Windows上でBCCなどのコンパイラを使うと、実行ファイルの名前は、hh.exe となりますが、
gcc でコンパイルすると、a.out になります。
なれないといけませんね。

確認できたので、今日はここまで。

なお、Cソースコード中、<>は全角になっています。半角にすると、なぜか、それ以降の改行が反映されません。なので、これを決してコピペしないでください。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

noritan

< は、 &lt; と書くと表示できます。

cc でバイナリの名前を指定するには、 "cc -o hh hh.c" と書きます。 gcc も、たぶん同じでしょう。
by noritan (2012-05-18 22:17) 

DAI

のりたんさん、こんにちは。

どうもありがとうございます。

そうでした。全く意識にありませんでしたが、ここの書き込みはHTMLに文字として埋め込まれるのですよね。なので、HTMLで意味のある記号はそのままでは使えない。

"cc -o hh hh.c" これもどこかでみたような気がします。流し読み程度では身についていません。

実は、先日、息子が「コンパイラって何?」と聞いてきまして、よくよく聞いてみると、UbuntuでC言語を習い始めたようなんです。自分でもやってみたいというもので、中古ノートを2台買ってそれぞれ持っているという次第です。半年もすれば追い越されるでしょうが、スタート時くらいは役に立てるかなと思い、古い本を引っ張り出したりしています。
鏡山の天気が気になるこの頃です。
by DAI (2012-05-19 11:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。